病院に行って躁鬱病の原因を知ることで症状の改善が出来る

生活の中で気をつける

不安そうな顔の女性

自分の好きなことを

病院に行くことで原因別の治療法を受けることができるので、スムーズに治すことができます。その治療法の中で「自宅療法」というものがあるのですが、自宅療法をしているときに躁鬱病を発症してしまう原因となるような生活をしていると、治療を受けていても意味がありません。しかし、どのようなことに気をつければいいのかわからない人が多いと思うので、生活の中で気をつけておきたいことについて説明します。

生活リズム

音楽鑑賞やサッカーと、人それぞれ自分が好きなことが異なります。自分が好きなことをしている時というのは体がリラックスしている状態で、ストレスを感じることがないだけではなく、ストレスを軽減させる力があります。躁鬱病が発症する原因のひとつとして「ストレス」があるので、自分の好きなことをしてストレスを発散させましょう。

原因、発症のきっかけとは

夜遅くまで起きていたり、睡眠時間が短かったりと、生活リズムが乱れている人がいるでしょう。このように、生活リズムの乱れというのは誰もが起きているものなのですが、この乱れこそ発症してしまう原因とされています。躁鬱病の中の「躁」を刺激してしまうことになり、躁鬱病を発症してしまう可能性が高くなります。そのため、生活リズムをちゃんと整えるようにしましょう。

これらのことに気をつけることで、躁鬱病を効率よく治療することができます。そのため、療養をしているときは上記のことを意識して生活してみるようにしましょう。

躁鬱病になる原因は、大きく3つに分けられます。まず、遺伝的要因。躁鬱病の親を持つ子供を調べた結果、必ずしも発症する訳ではないと結果が出ています。ですが、原因のひとつとして考えられています。次に、脳が生成する神経伝達物質要因。神経伝達物質の代謝制御領域が不調を起こし、うつ状態ではある物質が減少し、躁状態では逆に増加しているという研究結果が出ています。最後に、社会的要因。身近な人の生き死に、就職や解雇など、穏やかではない感情を揺さぶられる経験をすることで発症しやすいと言われています。もしもストレスを受け続ける境遇にあったり、悲しいことばかり続けて気を病んでしまった時こそ、すべてを中止して自らを労わり休めることが発症を回避する最善策なのかもしれません。あくまで、躁状態が病気となる場合は意味不明な言動を繰り返したりなどの傾向が強い場合や錯乱、妄想、行為心迫などの症状が見られる場合において躁状態であることを診断します。  精神障害の診断においては単極性の躁病も躁鬱病の一種として扱います。ですので、躁病という言葉は単体ではほとんど診断名としては使われていません。  躁鬱病の原因となる体内の遺伝子ですが、これはその遺伝子を仮に持っていたとしても必ずしも保有する全ての人が発症するわけではないことを留意します。  鬱病よりも発症率についてはかなり低めですが放置すると昏迷状態に陥ります。そうなると身体が動かなくなり食事を取るという行動などが起きなくなります。命に関わってきますので、早い段階での治療を必要とします。